ワックスを落とさないように気を付ける

汚れを綺麗に落としたい時は、重曹が使えます。
しかし濃すぎる重曹液を使うと、フローリングに塗られていたワックスまで落としてしまうのでよく溶かしてください。
濃度をきちんと守ることと、完全に重曹を溶かしてから使うことがポイントです。
また重曹を溶かす時は、ぬるま湯を使いましょう。
熱いお湯を使うと化学変化が起こり重曹が分解され、刺激の強い強アルカリ性になってしまいます。

汚れを落としたい時に便利な重曹ですが、頻繁に使うことには向いていません。
頻繁に使うとフローリングが剥げてしまうので、日常的な掃除をする際は中性洗剤を使うのがおすすめされています。
重曹を使った時に、フローリングに重曹が白く残るかもしれません。
その際は最後の仕上げとして、クエン酸を溶かした水で拭くと綺麗になります。
汚れがこびりつかないように、定期的に掃除するのは良いことです。
しかし重曹を使いすぎることには、デメリットがあることをしっかり理解してください。

キッチンでは、調理中に油が跳ねることが多いです。
すると黒くシミになったり、カビが発生したりするのでこまめに掃除しましょう。
こびりついてなかなか落とせない汚れがあったら、セスキ炭酸ソーダを使うのが良い方法です。
いつでも汚れが気になった時に掃除できるよう、重曹やセスキ炭酸ソーダを用意しておきましょう。
掃除したいと思っても、そのための道具がないと買いに行くのが面倒で、やる気がなくなってしまいます。

TOPへ戻る